スーパーでイマークSを買うことができないのはなぜか

スーパーでイマークSを買うことができないのはなぜか

ニッスイから出ているイマークSは、中性脂肪を下げたい人に人気のある定番商品です。

 

ここでは、このイマークSをスーパーで買うことができないのはなぜか、お伝えします。

 

また、イマークSに含まれているEPAの重要な働きについてもご紹介します。

 

通信販売限定

 

イマークSは、一般のスーパーやコンビニエンスストアなどでは売られていません。

 

それはこの商品が通信販売限定品のためです。

 

主婦にとっては、旦那さんが普段飲んでいるイマークSの買い置きが少なくなってきた時、近所のスーパーで夕食の買い物のついでにさっと買うことができれば便利です。

 

でもスーパーなどには置いていないので、少し不便に感じるかもしれません。

 

品ぞろえの豊富な大手のスーパーや、デパートの健康食品売り場・ドリンク類売り場にも置いてありません。

 

購入は、ニッスイの商品のインターネット通信販売の公式サイト、「海の元気倶楽部」から購入することになります。

 

また、アマゾン・楽天などのオンラインショッピング・サイトからも購入できます。

 

オンラインで注文し、自宅に配送してもらう方法です。

 

この方法は、欲しい時にさっと出かけて行って買ってくるという便利さはないですが、良い面もあります。

 

ドリンク類だと買ったものを運ぶ際に重い荷物になることがありますが、通販なら自宅に届けてくれるので、重い荷物を運ぶ必要はありません。

 

また通販というと以前は商品が届くまでかなり待たされることもありましたが、最近では各メーカー営業努力を重ねていて、商品が届くのがかなり早くなってきています。

 

EPAの大切な働き

 

EPAには中性脂肪を下げる働きがあるだけでなく、他にも動脈硬化を抑制するさまざまな有用な働きが知られてきています。

 

心筋梗塞や脳梗塞の原因になりやすい血管プラークを安定化させる働きや、血液をサラサラにして流れやすくする働き、血小板の活性化を抑えて血栓をできにくくする働きなど。

 

動脈硬化予防として、積極的にEPAを摂るよう勧めるお医者さんも多いです。

 

イマークSをお得な価格で手に入れるなら? → ここ!